CBDパウダーを酒(スピリタス)に溶かして飲んでみた!アルコールに溶かしたCBDの効き方とは!?

目次

CBDパウダーをアルコールに溶かして作る、自作CBDカクテルの効果のほどは?

いきなり結論から・・・

う〜ん。コスパ良い摂取方法かと言われる微妙です。

自作CBDアルコールより、遥かに自作CBDオイルの方が良いと思いました。

1番の問題はCBDパウダーって水には溶けないんですよね。なのでスピリタスにはよく溶けるのですが、水分を入れると、すぐに白く濁ります。つまりパウダーが分離してしまうのですよね。分離したCBDパウダーは効率よく吸収されないので、全体として無駄が出てきてしまいます。

経口摂取するなら、やっぱりCBDオイルを飲むのが一番です。

とはいえ、CBDアルコールは飲んだらすぐに効くというメリットがあります。CBDオイルは飲んでから時間が掛かります。

そういうわけで、一度ぐらいは、自作CBDアルコールを試してもみるのも悪くないと思います。実験的な試みは楽しいものです。

自作CBDアルコール(CBD酒)の作り方とは?

CBDカクテルの材料

  • CBDパウダー(純度99%)
  • スピリタス(度数高いのが良い)
  • ジュース
  • これだけ♪

CBDカクテルの作り方

CBD カクテル

※CBDパウダーの量を計測する。目分量でもOK

※好みのグラスなどに入れる。写真は使い捨てプラスチックのコップ。

※ごくごく微量のスピリタス(アルコール度数99%)などを入れる。度数は高い方が良いです。

※入れてから数分も経てば、CBDパウダーはすっかり溶けます。

好きなジュースなどを入れたら、CBDカクテルの完成です!

後は飲めば一気にCBDが効いてきます。本当に簡単ですね。

CBDパウダーはどこの製品を使えばいいの?

CBDカクテル 

CBDパウダーは、基本的にどこの製品を使っても変わりません。コスパで決めましょう。

※怪しい中国製のCBDパウダーだけは使うのをオススメしません

※CBDパウダー・クリスタル・アイソレート・結晶粉末は、全て同じ意味です

CBDアルコールの効き方・作用時間など

  • 飲んですぐに効き始じめる
  • ピーク到達までは1~2時間ぐらい
  • ピーク作用時間は2〜3時間ぐらい
  • 飲んでから8時間も経つと、ピークから30%ぐらいまで効力がダウンしている感覚
  • 抜けきるまでに12時間以上

個人的な感覚としては、スコーーンと抜けるような感覚が無いと感じました。最低でもパウダー1個まるまる1gを使わないと、自分が満足するようなエフェクトを得られないと感じました。

1回分にパウダー1個まるまる使うってのは、コスパ的にどうなんだろう・・って思いますね。高すぎます。

パンダ
パンダ

パンダ的にはCBDカクテルは微妙だという結論に…。CBDオイル飲んで、お酒は別に飲めば良いんじゃねーか? (笑)

あわせて読みたい
自作CBDオイルの作り方(CBDワックスから作る方法 :ファーマヘンプ社 Jell Wax使用) – CBDパンダ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる