【基礎知識】CBD選びの為に知っておいて欲しいこと

パンダ
パンダ

これだけは知っておいて欲しいと思うことをマトメました♪

はじめに

もはや無数にあるCBD製品。「色々ありすぎて何を選んで良いのかわからない!」って悩む方も多いでしょう。

そこで難しい話は抜きにしてCBD製品の基礎的な知識を紹介してみます。CBD選びの参考になれば幸いです。

※この記事では具体的な商品名を上げるのは控えます。

目次

おすすめのCBD製品カテゴリーと摂取方法

CBDの製品カテゴリーには、オイル、リキッド、ワックス、アイソレートなどなど沢山あります。

CBDの摂取方法にも、そのまま飲む、カートリッジで吸う、口の中でグチュグチュする、カプセルに詰めて飲む、水パイプで吸う、、、、など様々あります。

以上のように、あまりに色々な製品カテゴリー、摂取方法、個々の製品があり混乱の原因になっています。

▶そこで初心者にオススメしたいのは以下の二点です。

  • CBDカートリッジを吸う
  • CBDオイルを飲む(耐酸性カプセル or 舌下摂取)

順に説明していきます。

CBDカートリッジを吸う

▶最も「手軽」で「効果」を実感しやすいのはCBDカートリッジを吸うことです

ただし問題があって、今までにタバコを吸ったことがない、吸って駄目だった人には向いていないです

吸うのが苦手な人はCBDオイルの方を選びましょう。

CBDカートリッジの中身は基本的に強力なCBDワックス系統です。よくCBDリキッドを吸って「CBDは効かない」「効いているか全然わからない」と愚痴る人も多いです。しかしCBDカートリッジなら体感できるレベルの効果を得られる可能性は高いです。

またバッテリーを接続して吸うだけなので非常に手軽です。喫煙に問題が無い人にはCBDカートリッジが1番オススメの商品と言えます。

CBDオイルを飲む(舌下摂取・耐酸性カプセル)

1番人気のCBDオイルですが、よく「効果を実感できない」という方が沢山います。

主な原因は以下の3点。

  • CBDオイルが高価なため飲む量が少なすぎる
  • CBDの吸収率が低い摂取方法をしている
  • 効力の弱いCBDオイルを購入している

CBDオイルの効率の良い摂取方法とは?

▶耐酸性カプセルを利用する

耐酸性カプセル(腸溶性カプセル)とは胃ではなく小腸で溶けるカプセルです。普通にオイルを飲むのとでは体感レベルでハッキリ違います。腸で吸収した方がCBDの吸収率が遥かに高いためです(吸収率は2倍以上〜)。

ただしデメリットとして個人的には便秘になりやすかったりしたことがありました。また効果を感じるまでカプセルを飲んでから1時間以上は待たなきゃいけないなどがあります。

▶舌下摂取(口の中でグチュグチュする)

オイルをすぐ飲み込まずに口の中でグチュグチュする方法です(5~20分。長ければ長いほど良いが不味い)。舌の方がCBD吸収率が高いために使われます。

デメリットとはとにかく口の中が不快であること。CBDオイルは基本的に美味しいもんじゃありません。また口の中が油でギトギトになります。

耐酸性カプセルの方がCBDを実感しやすいのでオススメですが、合う合わないがありますんで、どちらが良い悪いという話ではないですね。

CBD製品の選び方(CBD濃度・フルスペクトラム)

 ▶CBD濃度は目安ぐらいに。

CBD濃度が高ければ必ずしも強いというわけではないのです。例えばCBD濃度が最も高いのはCBDアイソレートで純度99%ほどですが、大半のCBDカートリッジの方がCBD感は強力です。

ただし、同メーカーの商品A(濃度3%)・商品A(濃度5%)などでは、濃度が高い商品の方が強力なのは間違いありません。

▶フルスペクトラム・ブロードスペクトラムなど

CBD(カンナビジオール)以外にも効力を増す成分ってのがあるんですね。CBD以外の有効成分が入っているかが、CBD感の強弱には大きな影響を与えます。

ブロードスペクトラム、フルスペクトラムはCBD以外の有効成分が入っていると考えてください。

○強さの基準は以下が目安です ※あくまでも目安

【弱】CBDのみ配合<<<ブロードスペクトラム<フルスペクトラム【強】

CBDのみが入っている製品と、CBD以外の有効成分が入っているブロードスペクトラム・フルスペクトラム製品とでは、びっくりするぐらい強さに差があります。

▶CBDを実感したい方は、ブロードスペクトラムorフルスペクトラムの製品を選びましょう。

リキッド・ワックス・アイソレートを初心者にオススメしない理由

▶不満が残ることが多いという話を紹介します。興味本位に使用するのには問題ないです。

 CBDリキッドを初心者にオススメしない理由

関連の成分が薄いという理由に尽きる。効果が体感しづらい。初心者はCBDリキッドを吸って「肺に溜める」という基本動作ができていないことが多く、CBD等の吸収率も低い。リキッドは初心者が手を出しやすい商品だが効果を実感できずに不満が残るパターンが多い。

CBDワックスを初心者にオススメしない理由

CBDワックスには致命的に効率よく使えるパイプが無いのが理由。ワックスを無駄を少なく吸うのは非常に難しい。日本のCBD製品は高額なので、どうしても効率よく吸う必要があるが、ワックスには適したパイプが無い。

わざわざCBDワックス用にパイプを買うぐらいなら、カートリッジを買った方が話が早い。カートリッジの方が効率よく吸えるし、いまや価格もそう変わらない。

CBDアイソレートを初心者にオススメしない理由

CBDアイソレートが純度99%って言っても大して効かないのが理由。CBD=カンナビジオールは単体だと大して効かない。関連成分がどうしても必要。CBDパウダーは初心者が幻想を抱きがちな製品だが肩透かしを食らう。

良質なCBDメーカーは限られている

※ここでは具体的なメーカー名に言及することを控えます

今やCBDメーカーは無数にあると言っても良い状態ですが、価格と品質のバランスが取れているCBDメーカーは非常に少ない印象です。

特にCBDオイルに関しては健康志向のユーザーが多いようで、言い換えると商品ページの雰囲気がオシャレな感じなら良いと言った感じが否めません。また評価&レビューなども実質的には偽りのものが多いです。

正しい情報を集めるには、営利目的のブログなどよりも、Twitterで検索して非営利目的でツイートしている方の情報を摂取するのが良いと思います。

状況整理:初心者は失敗しやすい状況にある

初心者が買うような安価なCBDオイル・CBDリキッドなどは、使ってみても体感できないレベルでしか成分が含まれていないことが多いです。

また紹介した通り、CBDオイルに関しては摂取方法が大変重要で、オイルをそのまま少量を飲んだりしても効果を実感するのが難しいことが多いです。

まとめ

効かない原因

CBD製品の選び方の間違い、CBDの摂取方法の間違い。以上の2点の間違いが高価なCBD製品を買ってCBD感を実感できない原因になっています。

「正しい製品」と「正しい摂取方法」を選びましょう。

▶CBDカートリッジがおすすめ

吸うのに問題がない人にはCBDカートリッジがおすすめです。有名所のカートリッジを選んでおけば大きな失敗はまず無いでしょう。

※ブロードスペクトラムorフルスペクトラムのCBDカートリッジを選択すること

▶CBDオイル(CBDペースト)がおすすめ

次におすすめなのがCBDオイルを耐酸性カプセルor舌下摂取(口の中でグチュグチュを5分以上)する方法です。

※ブロードスペクトラムorフルスペクトラムのCBDオイル(CBDペースト)を選択すること

パンダ
パンダ

以上になります。ではごきげんよう〜。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる