CBDパウダーとは?使い方は?(アイソレート・結晶・クリスタル)

目次

CBDパウダーとは?(アイソレート・結晶・クリスタル)

大麻(ヘンプ)からCBD(カンナビジオール)の成分のみを分離した粉末のことです

CBDパウダーは、自作の電子タバコ用リキッドの原料、CBDオイルの原料、そのままガラスパイプなどで炙って喫煙することも可能で、様々な用途で使用できるのも魅力です。

※CBDパウダー/アイソレート/結晶粉末/クリスタルは同じものです

CBDパウダーはもちろん合法

もちろんCBD(カンナビジオール)は日本の法律で「合法」な成分です。違法成分などは含まれていません。

ただし、ヘンプ系の商品ということで誤解されることもありますので、十分に気をつけて利用しましょう。

CBDパウダーに関するよくある誤解について

純度の高いCBDなのだから、CBDの中で1番強いんでしょ?・・・NOです!

CBD(カンナビジオール)は他の成分と一緒に摂取した方が効力が強いんです。CBD製品には、テルペン配合・ブロードスペクトラム・フルスペクトラムなどという名前が付いている製品がありますが、これらはCBD以外の有効成分も含まれていることを示しています。

CBDリキッド/オイル/ワックス/シャッターと色々とありますが、CBD(カンナビジオール)のみ製品と、テルペン/ブロードスペクトラム製品とでは、ハッキリとした体感差を感じることが多いです。

強さの目安: CBDのみ<テルペン配合<ブロードスペクトラム<フルスペクトラム

※あくまでも目安です。摂取方法などにも影響を受け一概には言えません。

※ブロードスペクトラムとは、フルスペクトラムに含まれる僅かのTHCを、完全に取り除いた製品です。

※CBD単体で使うよりも、種々の成分と一緒に摂取した方が効果が大きくでやすいことを「アントラージュ効果」などと呼ばれています。

純粋にガツーンと来るのが欲しい方は以下のファーマヘンプ社の、フルスペクトラムWAXがオススメです。

アイソレートよりは確実にハッキリとした感じを得られるでしょう。使用方法などはアイソレートと基本的に同じです。

[CBDショップを見てみる]

➔➔ VapeManiaのCBD製品を見に行く

CBDパウダーを上級者が買う理由は?

ではなぜCBDパウダーを買っている人が多いの?という疑問が当然湧いてくると思います。

市販のCBDリキッド/CBDオイルなどに、CBDパウダーを追加して使う方が多いんです。

パウダーはCBD単体の価格としては安価です。ですから市販リキッドなどに入れると、お手軽に強めのCBDリキッドができたりするわけですね。補助的な目的でCBDパウダーを使う方が多いんです。

後は、何らかの理由でCBD(カンナビジオール)以外の成分を摂取したくないという方も多いですね。

 

CBDパウダー(アイソレート)をパイプで吸う方法

CBDパウダーは炙って気化させて吸うことができます。

※乾燥大麻のようなドライハーブは、パイプに詰めた葉っぱに火を付けて煙を吸います。しかしCBDパウダーはあくまでも「炙って気化させた蒸気」を吸います。

私も色々と試しましたが、オススメなのは以下のパイプです(TUNEフィルター&フタ付きのガラスパイプ)

※CBDコンセントレート専用(パウダー/ワックス/シャッターなど専用)のヴェポライザーもありますが、安価なものはイマイチな事が多いのが難点。

※水パイプもイマイチ勧められません。なぜなら水を通すとCBDを除去しすぎてしまい効力が弱まりすぎてしまいます。

※ドライハーブ用のアミ(スクリーン)が付いているパイプは使えません(CBDが液化して、網目から落下してしまいます)。

ガラスパイプ『CAPCAP』が初心者におすすめな3つの理由

① フタ付きであること

炙っているうちに煙が外へ逃げてしまうのを防ぎます。重要な要素なんですが、フタ付きのパイプって全然売ってません。

② TUNEフィルターが使えること

フィルターが有るとはやっぱり吸い心地が優しくなります。使う使わないも選べます。また一般的なフィルターなのでどこでも交換フィルターが買えます。個人的にはフィルターは必須。

③ 濃縮系は何でも使えて便利

ワックス/シャッター/パウダーなど濃縮系(コンセントレート系)は基本的にOK。

総評:安いですし、ガラスパイプで吸うと勉強になることが多いです。温度だとか、気化する様子だとか、肌でわかることが多いというか。最初はガラスパイプをオススメします。デメリットは手間が掛かること、見るからに怪しいことですかね…..苦笑。

◎TUNEフィルター。パイプには付属していないので必須。最初は少ない量で

◎パウダー/ワックス用ヴェポライザー。ごちゃごちゃ買うのが面倒くさい人は、これでもOKです。

おすすめできないCBDの使い方とは?

おすすめできない パウダーの使い方

以下に紹介するのは、実際に自分が試したCBDの非効率的な使い方の紹介です。

非効率的だと思うだけで、間違えているわけではありません。悪しからず。

CBDパウダーをそのまま食べる(舌下摂取)

CBDメーカーの英語の公式サイトとかを見ると、CBDパウダーを簡単に摂取する方法は、パウダーをそのまま舌に乗っけてグチュグチュして下の粘膜から吸収させ(舌下摂取)、そして飲み込む。という方法を勧めているメーカーも多いんです。

ほんわか効く程度でCBDがもったいないです。確かに簡単な摂取方法ではあるのですが。

自作CBDジョイントを作って吸う(巻きたばこ)

タバコなどの葉とパウダーを巻紙(タバコを巻く白い紙)で手巻きタバコ(=ジョイント)を作って吸う方法もオススメできません。ジョイントはそもそも非効率的な摂取方法です。CBDをジョイントで吸うにはあまりにCBD価格は高いです。

ボブ・マーリーだってCBDをジョイントで吸うのはもったいないって言うはず、、、だとかくだらないことを考えてしまいました。

※海外にはTHCが含まれていないCBDバッズが販売されていたり、CBDジョイントも販売されています。あくまでも日本でCBDパウダー使ってジョイントは駄目でしょという話です。

CBDをお酒/アルコールに溶かして飲む方法

CBDパウダーはスピリタス(96%のアルコール)にはよく溶けます。しかし、水分を足すと、すぐ白く濁ってしまう=CBDが分離されてしまいます。分離されたCBDは吸収率がめっちゃ下がってしまいます。

スピリタスを割らずに飲むならアリだと思いますが・・普通の方は飲めないので。やっぱり酒に溶かすのもベストな方法でありません。

以上が、自分がオススメできないCBDの使い方です。ただ、色々と自分で試してみるも面白かったりするので、興味が有る方はあえてトライしてみるも有りだと思います。

あわせて読みたい
CBDパウダーを酒(スピリタス)に溶かして飲んでみた!アルコールに溶かしたCBDの効き方とは!? – CBDパン...

自作CBDオイルをCBDパウダーで作る方法

※ワックスから自作オイルを作る方法ですが、アイソレートでも手順は同じです。参考にしてください。

パウダー MCTオイル 自作CBDオイル 作り方

CBDオイルは簡単に自作できます。

※CBDオイルの経口摂取は、作用時間が1~12時間(ピークは3時間ほど)ぐらいと非常に長いのが特徴です。また喫煙するのとは違った効き方で人によってはハマると思います。特に喫煙習慣の無い方には向いています。

自作CBDオイルを作るのに必要な物

  • 食用油(MCTオイルが良い)
  • CBDパウダー
  • スポイト瓶(保存用)

自作CBDオイルを作るには、この3点のみでOK。

自作CBDオイル作成の方法・手順・流れ

  1. スポイト瓶にCBDパウダーを入れる
  2. MCTオイルを瓶に入れる
  3. 湯煎で60度で温める→CBDが溶ける
  4. 完成♪

消化・吸収後の経路が異なるため、MCTは、一般的な油に比べて、4~5倍も速く分解され、短時間でエネルギーになることが特長です。

日清オイリオ「MCTサロン」様より引用

※MCTオイルは、サラダオイルなどに比べて、体内吸収が速い中鎖脂肪酸という種類のオイルですので、CBDを効率よく吸収するためにも選びたいところ。高いものではありません。

created by Rinker
仙台勝山館
¥972 (2021/10/21 02:20:45時点 Amazon調べ-詳細)

CBDリキッドにCBDパウダーを混ぜてCBD濃度を上げる方法

CBDパウダーを市販リキッドと混ぜて湯煎するだけでCBD濃度が上がります!簡単!

※CBDの中上級者が、CBDパウダーを買う理由の多くが、市販CBDリキッドの濃度を高めるためです。経済的だしパンチも強くもなります。

※自作リキッド作成の際の、混合する容器にはニードルボトルがオススメです。ヴェポライザーにリキッド液を入れやすいんです。

created by Rinker
¥880 (2021/10/21 02:20:46時点 Amazon調べ-詳細)

CBDパウダー(アイソレート)のおすすめは?

パンダ
パンダ
CBDパウダーには身も蓋もない話があるのだ!
パンダ
パンダ

CBDパウダーの品質に大きな違いは無い!

筆者も10社近くのCBDパウダー(アイソレート)を試していますが、品質の違いって正直言って全然わかりませんでした。考えてみると当然で、そもそもが純度99%のCBDの粉末なので、大きな差が出る要素が無いですよね。

違うのはパッケージだとか、粉末の粗さ、多少の色の違い、、などの些末な事柄のみです。では一体、何が大事なのか・・?

パンダ
パンダ

価格だ!価格だけだ!

結論としてCBDパウダーは、値段の安いCBDパウダーを選べばOK。ただし、メーカーの名前が知れているものが良いです。CBDパウダーは中国の怪しげな工場などでも製造されています。製造工場の写真を私も見たことがあるのですが、なんか不潔でとてもじゃないけど自分は買う気がしませんでした。体内に入れるものですから気をつけたい。

ポイント!

※CBDパウダーは価格が安いものでOK。 ただし有名ブランド商品にしよう。品質が怪しげな商品もあるので。

念のために確認

※CBDパウダーと、CBDアイソレート、CBDクリスタル、CBD結晶粉末は同じものです

CBDパウダー(アイソレート)はどこで買うのがお得?

楽天から買うのが便利ではあります。Amazonに関してはCBD製品を基本的に取扱っていません。

CBD製品を買うなら国内最大手の「VapeMania」さんがおすすめ

CBD製品にハマっている人でVapeManiaペイプマニア)さんを知らない人はいないでしょう。商品レビュー数も日本No.1ですし、スタッフの方は質問にも丁寧に答えくれます。知識もすごい。めっちゃオススメなお店です。

最強のCBDが欲しい? ファーマヘンプのCBDカートリッジ

あわせて読みたい
ファーマヘンプCBDカートリッジをレビュー | 最強に吸いやすい理由を解説 – CBDパンダ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる